紅蓮のリベレーターのメインストーリーが終わりました。
サブクエやコンテンツなど、終わらせていないものは多々あるものの
漆黒に入る前に、一度振り返って自分の中の考え・思いをまとめておきたいと思います。
はじめて普通のブログっぽい事するな・・・。


注意:紅蓮のリベレーターのネタバレ満載です。





無題 - コピー


はじめに

紅蓮のリベレーターの前評判は「少年漫画」的な熱い展開というもの。
私の周りに限った話だけではないかもしれませんが、蒼天のストーリーの評価が物凄く高く

「紅蓮も面白いけど蒼天と比べちゃうとなー」

というのが総評でありました。




が、蓋をあける事こちら「紅蓮のリベレーター」
まぁー・・・最高でした

結論を言うと、私は蒼天よりも紅蓮が好きです。
どうにも私はストーリーを評価する際に「納得性」が大きなウエイトを占めるようで
新生、蒼天と積み重ねてきたNPCの人物像が紅蓮で花開いた事による感動が非常に大きい。

というわけで主要NPCに沿って、感想をまとめていきたいと思います。




無題 - コピー

イルベルド

主要NPCと言いつつ。
いきなり、リセでもヒエンでもヨツユでもなく・・・
鉄仮面イルベルドです。

蒼天ではじめて本性を見た時は驚いたものでしたが
このキャラクターは一貫して故郷アラミゴの解放を願ってるキャラクターとして描かれます。
それ故、同郷のラウバーンが一国の重鎮になったにも関わらず
故郷の解放に全く動きを示せなかった事に対する苛立ちは想像に難くありません。
アラミゴが奪われて20年ですからね。20年間動きなし。

そんな折にテレジ=アデレジから帝国を超える力(オメガ)を得て、
ウルダハの実権を得ようという申し出が来ようものなら断る筈もありません。
その後はクーデター失敗→神竜召喚という流れになるのですが
得ようとした力(オメガ)で阻止されるという皮肉な結果になります。

ここからが面白いところで
神竜で帝国を攻撃できれば良し、
失敗しても帝国への攻撃という流れから
各国が重い腰を上げざるを得なくなるという二重の策により
結果をみると「アラミゴの奪還」という彼の目的は果たされる事になります。
善悪を超越した目的意識がなせる業。

彼が神竜を召喚していなかったら・・・
間違いなく植民地生活21年目がスタートしていた筈で
彼が最初の「紅蓮のリベレーター」であり
この話をふり返る上で外せないキャラクターだと思います。





無題 - コピー

リセ

1人目のイルベルドで物凄い尺を取ってしまったので
簡潔を心掛けていきます。
紅蓮のオープニングで掌の上で戦っている女の子。
相棒であるパパリモを亡くし、遺言となった「自分に成せる事を成せ」といったセリフから
アラミゴ解放を目指し本格的に動き出す事になります。

ここで素晴らしいのが、
彼女が急激に成長し、カリスマを発揮し、アラミゴ解放の立役者として突き進んでいくようにはならないという点です。
あくまで新生、蒼天でみせた彼女のキャラクターそのままに
「成せる事を成す」をそのままにもがいていきます。
ストーリー上、リセをもっと活躍させられる場面はあったし、感動を作り出せた場面もあったと思います。
が、しない。

あくまでリセのできる範囲はこういう事だよねを逸脱せず
それでいて成長できる範囲で成長し、
最終的にはアラミゴ奪還を果たす。
ストーリー上こういう流れにしたいから、リセには頑張ってもらおうかといった
ご都合的なものは一切感じません。

象徴的なのが、解放後に起きる暴動の話で
それを鎮静させるのはリセではなく、ラウバーンでした。
そりゃこれを治めるのはリセでは無理だし、
ラウバーンならできるだろうなといった説得力。
NPCの持つ人物像がストーリーを編み込んでいっている事が明確に現れる場面で
これが根底からブレないから紅蓮のストーリーは面白く感じるのだと思います。
気づけばイルベルドより長くなりそうです。
次いきましょう。




無題 - コピー

ゴウセツ

場面をドマに移し、ゴウセツを通して紅蓮のリベレーターをみていきます。
ゴウセツは新生、蒼天と感じ方が変わったキャラで
豪快な何でも気合いで解決するガサツなじいさんって印象でしたが
その実、忠義に厚く、年齢ゆえのクレバーさもあり、そして誰よりも繊細な男でした。
主君であるヒエンとのコンビは見ていて小気味よく
随所に赤子からの付き合いを感じさせる場面が出てきます。

妻子を失って、敵国の捕虜になり、その敵国のために武勲をあげて帰国して・・・
前主君カイエンからの最後の願いである「ヒエンを頼む」を守るためだけに行動してきた人物。
こんな経験した人、当たり前ですけど開発にはいないと思うんですよ。
それどころかゴウセツと同齢の方もほぼいらっしゃらないと思います。
ですが作り出されたキャラクターから感じる歴史はまさにそのもので
それ故の優しさや、死に場所を求めるような自己犠牲の塊のような危うさを同居させています。
頑丈ですから死にませんけど。

蒼天は人対竜であったのに対し
紅蓮は人対人であり、どうやっても話が重くなってしまうのですが
このゴウセツが与える死生観は、物語の緩衝剤として大きな役割を担っていると感じます。
生き死にが全てではなく、本質とは・・・自分が一体何を成すべきなのか。
成すべき事を成していき、天運が尽き命果てれば、そここそが自分の役目が終わるところなのだと。
はじめのイルベルドや髑髏連隊のフォルドラにも通じますが、自分や仲間の死が全てではなく
己が何の為に行動するか。
これを物語の主軸としているわけです。

本当難しいところだと思うんですけど、これが行き過ぎると自分勝手な無鉄砲野郎になってしまうと思うんです。
実際イルベルドやフォルドラは理解はできますが、感じ方としてはそっちの気の方が強いです。

ですがここで白眉となるのが、ドタール族のエピソードです。
目的意識の究極ともいえるドタール族の教えは、死しても武勲さえあげれば次代の子に生まれ変わるというもの。
これにゴウセツは首を傾げます。
死体は抜け殻と蔑ろにするドタール族と異なり、
死体に対しても敬意を払い続けるゴウセツ。
生き方として似通ったところのあるドタール族とゴウセツに明確に一線を引くエピソードで
ただの「死にたがり」からゴウセツのキャラクターを引き上げる事に成功しています。

こうして一貫して「己が何の為に行動するか」の物語であった紅蓮のリベレーターのフィナーレ。
自分の役割を果たし続けてきた男が、最後の最後、成すべき事を成し遂げ、天運尽きて散るヨツユに泣く。
成すべき事を成せたと満足気に息絶えるヨツユを慮り、これまでの生き方を浄化するように、これが天命とは・・・と咽び泣く。

これにて紅蓮のリベレーターが幕を閉じるわけです。










綺麗すぎるっっっ!
物語の完成度が高すぎるっっっ!

完全に余談ですが
ゴウセツが死亡した(と思われた)時の妻のゴウセツロスが凄まじく
私の
「侍大将はコンビニにいってくるでゴザル(あの声)」
といったハイパー雑なモノマネにすら
「ゴ、ゴ、ゴウセツゥゥゥ;;」
となるくらいの沼っぷり。
あぁゴウセツよ永遠なれ。

本当はヒエン、ヨツユ、アサヒなど
フォーカスして語りたいエピソードは多々あるものの
ゴウセツを通じてほとんど書きたい事が書けてしまったため割愛します。
紅蓮のリベレーター、最高でした。

良きキャラクターは、本当良き物語を生みますね。
FFのいい所は主要メンバーはそのままに、次のストーリーがはじまる所だと思っているので
次の漆黒も自然と期待が高まっています。

というか漆黒の評価が過去最高との呼び声が随所にあり
今から震えております。
紅蓮でこうなってしまっているのに、漆黒にいったらどうなってしまうのか・・・

FF14
本当、面白いですね。



新生ストーリーがひと段落した折―――

名前だけは出てきていたクリスタルタワー。

いつか行ってみたいなぁと漠然と思っていたのですが
この度、挑戦する機会に恵まれましたので
レポを残しておきたいと思います。


クリスタルタワーとFF3の結構なネタバレがございますので
ご注意を!!



















無題1



イエロードラゴン


イ、イ・・・
イエロードラゴンんんんんん!!


んひぃ~~!

正直クリスタルタワーって名前だけ過去作から借りて
どうせFF14のダンジョンのひとつに過ぎないんでしょ?
なんて思ってました。


このイエロードラゴン。
FF3のクリスタルタワーの隠しボスでして
ボスの癖に低確率でランダムエンカウントするしかありません。

しかも当時ファミコンのFF3はラストダンジョンからラスボスまで
セーブポイントが一切ない鬼仕様

つまりドラクエで言うならロンダルキア抜けてセーブせずに
ハーゴン城ではぐれメタル探ししてるようなもん。


ただ最強装備の一部位をランダム(これすらランダム・・・)で落とすので
ドラゴン狩りに興じるプレイヤーも少なくありませんでした。

そう、それが イエロードラゴン
コアなとこくるなぁ・・・。







無題1



グリーンドラゴン


グ、グ・・・
グリーンドラゴンんんんんん!!


以下同じです。






無題1



レッドドラゴン

レ、レ・・・

略)







無題1



ティタァァァァン!

土のクリスタルのボス、ティターンも勿論でてきます。
そりゃ、ドラゴンシリーズが出るなら
正式ボスのこいつも出てくるのは当然っちゃ当然。




無題1



大笑い


全滅・・・!
おっさんが急に発光したなぁと認識した瞬間、即全滅します。
24名が消し炭にされる様は圧巻の一言。
どうやら敵が大技を使ってくる前にシェルターに避難しなければならないようです。



無題1



ここがシェルター。
攻撃が始まる前に逃げ込まなければなりませんが・・・





無題1



あっ

完全に逃げ遅れているジェリーとトールさん
果たして間に合うのか・・・!!



無題1



大笑い


無常な9999ダメージ
あまりにもトキだったので笑ってしまう。









無題1 - コピー - コピー - コピー



ドーガ、ウネ、ザンデ


やっば・・・!!
ドーガとウネとザンデなんて FF3の根幹も根幹 やん・・・!
オマージュとして繋がりを匂わす程度だろうなと思ってただけに度肝抜かれました。
これは・・・完全にFF3の世界・・・!



またザンデが

「いくら栄華を極めようとも、死の世界は完全なる無・・・」


みたいな事言うわけですよ・・・。
これFF3でのザンデを思い出すと・・・



以下、FF3のネタバレ






無題1 - コピー - コピー - コピー - コピー

師匠ノア
「ドーガ、ウネ、ザンデ 修行を終えたお主らに贈り物がある」



無題1 - コピー - コピー - コピー - コピー

「ドーガには私の魔力をあげましょう」



無題1 - コピー - コピー - コピー

「ウェーイ」



無題1 - コピー - コピー - コピー - コピー

「ウネには夢の世界を丸ごとあげましょう」



無題1 - コピー - コピー

「アガるー」





無題1 - コピー - コピー - コピー - コピー

「ザンwwwザンデにはww人の寿命をあげちゃうwww」






無題1






無題1 - コピー - コピー - コピー - コピー

「君さw無駄に不老不死みたいな感じじゃん?w
それじゃ命が濁ると思うわけww寿命プレゼンツww我ながら天ww才www」



無題1 - コピー - コピー - コピー

「ちゃんデwwwマジwwマジwwちょーウラヤマなんですけどww
マジいちばんアタりひいちゃったカンジじゃーんwww」



無題1 - コピー - コピー

「ウケるー」
















無題1

「世界を壊す」




当たり前だよなぁ??
俺がザンデでも時間とめてクリタワに引きこもるわ。
ドーガとかも言い方は多少違うけどガチで上記みたいなスタンスやし・・・
FF3の諸悪は間違いなくノア畜生。




無題1



それを踏まえてのこのセリフ・・・。
ザンデ・・・。


また使ってくる技もメテオ(FF3で実際にやってくる)
クエイク(FF3で土のクリスタルに干渉し大地震を起こした)っていう
分かってる感・・・!

これ作ったやつ絶対FF3好きやん。愛やん。


あと全体を通して音楽
クリスタルタワーやボスの音楽の再現度・・・



最高です。





それはそれとて24人はきつい


このクリスタルタワー。
登るのに24人必要です。
遠足やんけ。

ただ野良は経験値ボーナスのあるルーレットに組み込まれている都合上
効率重視のゴリ押しとなってしまうようです。

できれば初見同士やら、フレ同士で行きたいところ。

チムメンだけで9名は揃っておりましたので
残り15名。



無題1 - コピー


はじめてモグコンパニオンでフレさんへイベント告知してみました。
いうてwwwwいうてもwww揃うっしょwwwww



イベント前日で残り10名程足りませんでした。




いくら何でも急すぎた

告知したのがそもそも4、5日前。
さらに漆黒が発売されて皆固定でボス回しているタイミング。
完全に悪手。


前日にインしている人に片っ端から頼みこみ
フレンドのフレンドさんも呼んでもらって何とか集めた24名。



無題1 - コピー

インスタンスサーバー⇒込み合う場所は同じサバでも更に3分割される所がある
24人PTの組み方⇒PT募集に鍵かけて募集し、8人×3PTを作る


など、初めての経験が目白押し。
準備も全然足りてなく、拙い仕切りで申し訳なかった!



無題1 - コピー



無題1 - コピー


来てくれた方々、本当ありがとう。


と、ここまで書いといて何なんですが
最後の階層まだ終わってないんですよね・・・。
第3層めちゃくちゃ行きたい
が24人はもう絶対集めたくない・・・。

この気持ちのせめぎ合いの中
もうしばらく時間を止めて、クリスタルタワーに引きこもってようと思います。


FFをプレイしはじめて早4ヶ月。
同時期にはじめたフレンド達のストーリーもいよいよ大詰め。


本日は 魔導城プラエトリウム アルテマウェポン の討伐に向かいます。




   FF0002 - コピー (2) - コピー


そう。
大詰めと言いましても新生の大詰めです。
我々も、もういい大人です。
家庭もある。仕事もある。

様々なバックボーンの中
ストーリーの進行を合わせるという事は並大抵ではありません。


FF0002 - コピー (6)



「ストーリー進めるよう隣で見張っといてくれ」



これは進行が遅れているメンバーの家に遊びにいった時の
リーダーからの指令です。

無粋と言うなかれ。
彼はもう1か月近くもラストダンジョン前で足踏みしているのです。
すでに「!」マークが出てるNPCも枯れ、
討伐手帳を埋める事が唯一の楽しみになっている彼を非難できる人はいないでしょう。






27ED8846-B9FA-4D3C-9EDA-50DD61612BF9
「でねー!この投手が170キロ投げれてね!」



隣でストーリーどころかパワプロをやっているこの男に
私は何を言えばいいのか・・・






27ED8846-B9FA-4D3C-9EDA-50DD61612BF9
「3冠王でね!30勝投手でね!いやー俺の活躍で中日今期優勝見えた!」


守りたいこの笑顔。





長い長い年月。
私は待ち続けていた。
光の戦士と呼ばれる。
彼の事を・・・!




DE54AB8D-247B-408B-A98E-4FA9DD0152EB


というわけで昨晩(ようやく) 
見てくれよ、このリーダーのはしゃぎ様。




0001 - コピー - コピー - コピー - コピー

更に更に!
拗らせてますからね!
完璧に勝つ!・・・だろ?

そのためにアイテムレベルでの一方的な暴力を良しとしません。
下限IL(=実装当時の強さ )で最終決戦に挑みます!


新生ラストのネタバレを含みますのでご注意を!





メンバー紹介



0001 - コピー - コピー - コピー - コピー


以上。
FC404が誇る精鋭8名!
揃い踏み。
タンクが1人のように見えると思いますが
理由はいたって簡単です。
FC404のタンクが1人だからです。
湘北なみの層の薄さ。



0001 - コピー - コピー - コピー - コピー - コピー (3)

そして今明かされる唯一のタンク
Pekepyのアイテムレベル。
レベル12。
ベントブランチかて。
アイテムレベルでの一方的な暴力に晒される我ら。




D6D1581D-037E-4DDF-8CBA-54399159CA3B


それでも回復役3人での手厚い保護の元突き進む我らFC404!
いける!いけるぞ!
正直下限ILでどこまで行けるか少々不安ではありましたが
是も是!可も可!

はっきり言って試合になる内容です。


いけると判断するや、お茶目が顔を出すFC404。
リフトでの置いてけぼりや、認証キーの設定ミス等はご愛嬌・・・




88F7A37A-0434-4C90-AC4D-9326CB20E8DE
9EDA19FB-D40E-48BD-91D1-C8505DC77E77












そして始まるグルポ大会!

いざ!ゆかん!

魔導アーマー部隊!!


グルポから抜けたらもう誰もいませんでした。
みんなさっき通ったリフトで同じルートに戻ってる。


なぜ・・・




0B49C5BE-B1AE-4BA6-80C9-1B1D7C26DDBF

正しいルートで鎮座して待つ私。





0001 - コピー - コピー - コピー - コピー - コピー (3)



0001 - コピー - コピー - コピー - コピー - コピー (3)

魔導アーマーを降りて駆け寄ってくるメンバー達。


なぜ・・・




0001 - コピー - コピー - コピー - コピー - コピー (3)

当然、壁相手には生半可な攻撃は通用しません。
魔導アーマーから降りる。
その結果生じる平均ダメージ。
2。



0001 - コピー - コピー - コピー - コピー - コピー (3)

しかし、我らがリーダーに秘策あり。
溜めに溜めたリミットブレイクの威力を括目せよ!!
52。



もう1回魔導アーマーに乗りにいきました(3周目)。






0001 - コピー - コピー - コピー - コピー - コピー (3)

さてキャッキャウフフしながらも、物語は大詰めも大詰め。
究極幻想。
アルテマウェポン。

下限ILのおかげで完全にギミックを理解しないとあっという間に全滅します。



0001 - コピー - コピー - コピー - コピー - コピー (3)

「周りの風を避けたら、すぐに外に出ないといけないのでは?」



0001 - コピー - コピー - コピー - コピー - コピー (3)

「蛮神の攻撃は絶対当たるから合わせて回復が必要・・・?」


0001 - コピー - コピー - コピー - コピー - コピー (3)

「基本は中→外か、外→中の動きしかないのよね・・・」



めちゃくちゃ楽しい。
パワープレイに無い冒険がここにはあります。
ひとつひとつ壁を乗り越え
着実に駒を進めていきます。


そしてついに・・・・






FA40A700-1447-4901-91E9-57CBB9FD07DC

アルテマウェポン撃破!!!



強大な敵を倒した達成感に湧くメンバー。

が、そこはお約束。
第二形態での戦闘がはじまります。
ここで!本日はじめて気付きました。
衝撃の事実!!



制限時間 残り10:00






全く意識してなかった・・・



0001 - コピー - コピー - コピー - コピー - コピー (3)


だってこんな・・・はじめは120分・・・

2時間が時間切れになる事なんて今まで一度も・・・
何故・・・




0001 - コピー - コピー - コピー - コピー - コピー (3)

あっあっ・・・


道中。

フラッシュバックします。
心当たりしかねぇな。



犯人捜しはやめましょう。
勝つ。
10分以内に。
それだけです。


負けたらもう絶対間に合いません。
背水の陣がはじまりました。
しかし、有難い事に第1形態と攻撃は似通っています。


散々ミーティングにつぐ全滅を繰り返した相手・・・!
そう・・・今なら・・・!!







0001 - コピー - コピー - コピー - コピー - コピー (2)


討伐っっっっ!!!

残り時間は―――


5分・・・!
間に合った――――





0001 - コピー - コピー - コピー - コピー - コピー (3)

ん?



0001 - コピー - コピー - コピー - コピー - コピー (2)


(長いな・・・?)

申し訳ないが、時間もないのでムービー飛ばしっと・・・!



0001 - コピー - コピー - コピー - コピー - コピー (3)



0001 - コピー - コピー - コピー - コピー - コピー (2)

ヤバさに気付くFC404



0001 - コピー - コピー - コピー - コピー - コピー (2)


0001 - コピー - コピー - コピー - コピー - コピー (2)


0001 - コピー - コピー - コピー - コピー - コピー (2)



0001 - コピー - コピー - コピー - コピー - コピー (2)



0001 - コピー - コピー - コピー - コピー - コピー (2)


0001 - コピー - コピー - コピー - コピー - コピー (2)


0001 - コピー - コピー - コピー - コピー - コピー (2)


0001 - コピー - コピー - コピー - コピー - コピー (2)



0001 - コピー - コピー - コピー - コピー - コピー (2)


0001 - コピー - コピー - コピー - コピー - コピー (2)


めちゃくちゃ気持ちよさそうに話すアシエン=ラハブレア

もはや彼の言葉など誰ひとり聞いていません。
早よ!早!!





0001 - コピー - コピー - コピー - コピー - コピー (2)



まだ戦闘ありました!!



0001 - コピー - コピー - コピー - コピー - コピー (2)


しかも残り1分32秒!!


ご高説中もしっかりタイム計ってやがる・・・!


今日一の集中力・・・!


勝つ。
1分32秒以内に。
それだけです。




0001 - コピー - コピー - コピー - コピー - コピー (2)


うおおおお!




0001 - コピー - コピー - コピー - コピー - コピー (2)


うおおおおおお!





0001 - コピー - コピー - コピー - コピー - コピー (2)


うおおおおおおおおお!













0001 - コピー - コピー - コピー - コピー - コピー (2)


うおおおおああああああああ


無慈悲。
残りの相手のHP残量 7% 

ここで世界一必要のない計算をしますとね。

残り1分32秒スタート
HP残量7%

93÷92秒×7=7.076秒


残り7.076秒あればクリアできました。




0001 - コピー - コピー - コピー - コピー - コピー (3)


あっあっ


どれか・・・どれか・・・1つでも・・・






0001 - コピー - コピー - コピー - コピー - コピー (3)

最後はいかにも倒したかのように写真を撮って解散です。


なぜなら
我々も、もういい大人です。
家庭もある。仕事もある。



時刻は深夜2時を回っているのですから。



 未 完



最終戦を動画でみたい方はどうぞこちらから。

何回みても笑ってしまう。




↑このページのトップヘ